株式会社三船地所 様

株式会社三船地所 様
賃貸革命 WebManagerPro2導入事例

千葉県君津市の不動産仲介会社、株式会社三船地所の店長 佐久間洋氏(写真中央右)、賃貸部 営業 小澤安未氏(写真右)に、賃貸革命とWebManagerProを導入した理由と経緯について詳しく聞きました。
株式会社三船地所について
昭和54年(1979年)創業。今年で34年目。管理部屋数約1400件、管理駐車場約300台。従業員10名。
君津市について
千葉県 南部、東京湾側の市。人口約8.9万人。新日鐵の大工場を中心に栄えた市。
株式会社三船地所 様 会社外観

賃貸革命とWebManagerProをフル活用

― 三船地所では日本情報クリエイトの製品をどう活用していますか
(佐久間様):三船地所では、2008年から賃貸革命とWebManagerProを活用しています。賃貸革命は社員全員で使っています。WebManagerProは、パソコンやネットが得意な女性社員の小澤さんに任せています。
日本情報クリエイトの製品活用について

「以前は何もかも『手書き』でした…」

― 賃貸革命を導入する前は、契約や家賃は、どのように処理していたのでしょうか
(佐久間様):賃貸革命を導入する前は、「ほとんど手作業」の状態でした(※)

特に賃貸契約書は、基本契約書の空欄に、建物名や契約者名をボールペンで書き込むなど、完全に手作業で処理していました。私は、12年前の2001年に三船地所に入社したのですが、最初の頃は、この契約書への書き込み作業に時間がかかり、とにかく大変でした。

当時の管理物件数はすでに約1000件超。社長としても「管理件数の増加に伴い、事務処理の限界」という危機感があったようで、2008年になって、「よし、賃貸革命を入れよう」ということになりました。

※ 一応、業務システムは導入されていましたが、契約者管理だけに特化したソフトだったので、業務の大半は結局、手作業でした。
佐久間様

「パソコンが苦手な私でもカンタンに使えるので、感心しています」

― 賃貸革命の導入効果を教えてください
(佐久間様):まず、以前のような残業や休日出勤が無くなりました。当時は管理戸数が約1000件でしたが今は約1400件です。もし、これを賃貸革命を導入せず、いまだに「手書き」で処理していたら、業務は完全にパンクしていたでしょう。事務処理の効率化は確実に達成できました。

もう1つ、便利になったと実感できるのが督促業務です。以前は督促の書類作成もやっぱり「手書き」で、無駄に時間がかかっていました。しかし賃貸革命を導入してからは、支払期限や遅延状況などの情報をデータベースから引っ張ってくる形で、督促書類に「差し込み印刷」できます。以前は不揃いだった督促業務の手順を定型化できました。

最後に、これは導入効果ではありませんが、パソコンが苦手な私にも使えるカンタンなソフトなので助かっています。個人的にはパソコンは、得意でもないし、興味もありません。そもそも新しい機械類は苦手。スマホもいりません、今ある携帯電話で十分です。

12年前に入社したとき、面接では「ワード、エクセルなどパソコンはできますか?」と聞かれました。ホントはできませんでしたが、「あまり得意ではありません」と答えて入社。それから、あわててパソコンを買い込んで、家で練習して間に合わせました。そんな、50歳の、自他共に認める「パソコンが苦手な中年男性」です(そんな人は全国に多いのではないでしょうか)。

でも賃貸革命はそんな私でも使えますからね。このカンタンさはたいしたものだと思います。

「いくら何でもホームページが『ない』というのはヤバイだろうと…」

― 次に、WebManagerProについてお聞きします。
2010年にWebManagerProを導入した経緯を教えてください
(佐久間様):お恥ずかしい話ですが、実は2010年まで、ウチにはホームページがありませんでした。集客は、紙媒体、看板、通りすがりなどアナログ中心でしたが、それでも何とかなっていました。

しかし、ある日、社長から「この時代に、いくら何でもホームページが『ない』というのはヤバイだろう」と意見が出ました。パソコンは苦手な私も、この意見は賛成でした。アナログ集客でも何とかなっているとはいえ、やはりホームページが『ない』のは良くないだろうと。

そんな折り、日本情報クリエイトから、WebManagerProの案内がありました。内容は、不動産会社向けの『ホームページ はじめまセット』があるとのことで、それなら今のウチに向いていると思い、さっそく導入しました。

その時は、とにかくホームページを「作る」ことが一番重要だったので、デザインは、「ひな形」を選んで、それをほとんど流用する形で、とにかく作りました。
三船地所のホームページ
三船地所のホームページ

「とにかくホームページを作りました」

― ホームページのオープン後の反応はどうでしたか
そうして2010年10月に、三船地所のホームページがオープンしましたが、正直なところ、最初はほとんど反応なしでした。社長からは、「とりあえずホームページを作るというステップは達成した。でも作っただけじゃ、やっぱりダメだな。次のステップに進もう」と指示がありました。

ちょうどその頃、WebManagerProの新しいバージョンが出たので、さっそくそれを導入。ホームページ強化に乗り出しました。

ただし、先ほども言いましたとおり、私はパソコンは全然ダメですので、WebManagerProは、その頃、入社してきた小澤さんに任せることにしました。

ホームページのリニューアル後の反応

小澤様
― 小澤さんに質問です。WebManagerPro2の使い心地はいかがですか
(小澤様):使いやすいです。ひな型があるのがラクで良いです。昔のページは、青が基調で、カタくてとっつきにくかったのですが、WebManagerPro2には、オレンジ主体の親しみやすいデザインのひな形があったので、これを使いました。またWebManagerPro2では、以前より情報記入の自由度が高くなったので、ホームページの「情報の整理整頓」がやりやすくなりました。Flashが使えるようになったのも良いです。
私は、いま24歳で、普通に携帯電話でメールを使いながら育った世代です。それぐらいであれば、WebManagerPro2は簡単に使いこなせると思います。
(佐久間様):ホームページを新しくしてから、ネット世代の問い合わせが増えてきました。新しい形の「地元密着」が実現できそうな予感がします。小澤さんのおかげです。ありがとう!
― 最後に一言お願いします
(佐久間様):私も今年は50歳です。この年になると、どうしても新しいことを避けるというか、つい「今のままでいいや」と思いがちなんですよね。でもウチの社長はいつも新しいことに積極的に取り組むので刺激になります。
小澤さんをはじめ、ウチの女性スタッフも、ほとんど娘みたいな年齢なんですが、ホームページをはじめ、いろいろ新しいことに取り組んでくれるのが良いですね。
賃貸革命は、これを入れたおかげで業務がホント楽になりました。WebManagerProを入れて、会社がネット時代に対応できました。日本情報クリエイトには、これからも良い製品を作って、私たちの業務をラクにしてくれること、そして刺激を与えてくれることを期待します。これからもよろしくお願いします!
※ 文中に記載されている数値など情報は、いずれも取材時点のものです。

株式会社三船地所 様がご利用中の商品※現在ご利用中の製品とはバージョン等が異なる場合がございます

WebManagerPro3
不動産に特化したホームページで集客数が飛躍的にUPします。豊富なテンプレートで簡単にオリジナルホームページの作成が可能です
賃貸革命
家賃の請求・督促・入金処理を一元管理し、情報処理のミス・ロスを大幅に軽減することができます
資料請求
導入事例集ダウンロード