トップメッセージ

この度、日本情報クリエイト株式会社は、2020年7日31日に、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場いたしました。ここに謹んでご報告申し上げますとともに、株主の皆様及び全ての関係者の方々のご支援に、心より御礼を申し上げます。

創業時より大切にしている想い

1994年8月「進化する情報技術を活かして付加価値の高い新たなプロダクトを創り社会に貢献したい」その想いで当社を設立いたしました。

設立直後、建築見積ソフトを開発し提供することから始まり、3年目より不動産業界に対して、業務効率化のアプリケーションソフトやインターネット上の集客ツールなど、様々なIT活用のソリューションを提供してまいりました。現在まで多くのお客様にご支持いただき、創業以来25年連続増収の業績を実現しております。

この結果は、設立時の想いをそのままに、進化する情報技術への対応を行ってきた結果であり、特にインターネットの普及、スマートフォンの登場などのテクノロジーの進化に対し、お客様目線で、且つ付加価値の高い新たなプロダクトを提供し続けてきた結果であると考えております。

日本情報クリエイト株式会社

代表取締役 社長
米津 健一

成長し続けるビジネス環境

コロナ禍による「新しい生活様式」の推奨などにより、ビジネス環境も変化してきております。

不動産業界においても、政府のIT化推進を受け、契約関連書類のITツールを使った非対面での重要事項説明の解禁や、電磁的書類(電子署名)の社会実験の開始など、テクノロジーを活かした不動産取引が推進され、今後、不動産取引における契約形態も大きく変わることが確実となってきております。

当社は中期ビジョンとして「テクノロジーで不動産領域に革新的プラットフォームを創造する」と掲げております。今後もこの様な社会の変化と不動産業界の変化に対して、変りゆく不動産取引の形態をよりスムーズに行えるようなサービスを提供するとともに、不動産テック企業として、不動産業界のDX推進に貢献し、不動産市場の活性化により社会経済の発展に寄与できればと考えてのことであります。

この実現のために引き続き努力をして、不動産領域の方々へ必要不可欠な存在へとなれるよう、役員はじめ従業員一丸となって一層精励してまいる所存でございます。

社会貢献、そして株主価値・企業価値の最大化

今後さらに企業の成長を止めることなく前進させることで、株主価値及び企業価値の最大化に努めてまいります。今後の当社へ、是非、ご期待ください。
皆さまにおかれましては、今後ともより一層のご支援とご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。