不動産業界専門の「電子契約」 賃貸革命 電子契約オプション 2021年11月リリース予定 不動産業界専門の「電子契約」 賃貸革命 電子契約オプション 2021年11月リリース予定
※電子契約リリース後に情報をお届けします。
賃貸革命 電子契約オプションのPC画面

賃貸革命
電子契約オプションとは

「賃貸借契約の更新」「駐車場の契約」がオンラインで締結できる賃貸管理システム賃貸革命のオプションサービスです。
これまで対面や郵送で行なっていた賃貸借契約業務の一部が簡単・安全にオンラインで行なえる電子契約サービスです。
※現段階では、宅建業法35条・37条により書面交付が義務付けられている為、2022年5月施行予定の法改正までは「新規賃貸借契約」及び「重要事項説明書」で電子契約はご利用いただけません。

賃貸革命
電子契約オプション3つの特徴

現在の契約業務の流れを変えることなく電子契約を運用できます!
不動産の賃貸借契約において「家主」「管理会社」「仲介会社」「契約者」等の属性と契約フローを設定できるので、現在の契約業務の流れを変えることなく電子契約を運用できます。
※書面交付および押印義務のない契約に限ります。
既存の契約書をそのまま使えます!
Excel,Word,PDFで作成された既存の契約書ひな型を電子契約サービスでご利用いただけます。契約毎に異なったひな型の契約書をご利用いただけます。
賃貸革命から電子契約ができるので便利!
賃貸革命のデータで電子契約ができるので、現在利用中の賃貸革命の契約書が使えます。入力作業や印刷・郵送等の手間が減り、スムーズに契約が進みます。
また、追加書類が必要な場合でもExcel,Word,PDFをアップロードして使えます。

電子契約リリース後に情報をお届けします。

ご予約・資料請求はこちら

電子契約サービスを導入するメリット

POINT 1
経費削減・ペーパレス化
電子データで契約書を管理するので契約書作成に必要な紙代、郵送費、保管場所代、業務に関わる人件費などが削減されます。
※ただし35条書面(重要事項説明書)、37条書面(賃貸借契約書)は別途書面交付が必要となります。(2021/7月現在)
POINT 2
セキュリティ強化で安心
2要素認証によりセキュリティ強化できるので、情報漏洩の脅威からお客様の情報を守り、安全に運用できます。
POINT 3
長期署名に標準対応
電子証明有効期限10年が標準で付与されます。電子署名により、いつ誰が署名を作成したか記録されるので契約書偽造や改竄を防止・検知できます。
POINT 4
非対面で対応可能
非対面で行うサービスが求められる昨今 ユーザーからのニーズも高まっていくことが予想されます。日本情報クリエイトのIT重説や電子入居申込と合わせると更なるオンライン対応ができるようになります。
電子契約リリース後に情報をお届けします。