IT導入補助金をうまく活用しよう

LINEで送る
Pocket

 

2019年のIT導入補助金について
詳細はこちら2019年版コラムはこちら

 

IT導入補助金をうまく活用しよう

国や行政の取り組みには、業界や中小企業の支援事業が意外とたくさんあります。

大小・業界を問わないと、おおよそ3,000はあるといわれています。

今回は、不動産業者様にもおすすめのIT導入補助金についてご紹介します。

IT導入補助金

IT導入補助金、正式名称を「サービス等生産性向上IT導入支援事業」と言います。

この補助金制度は、中小企業や小規模事業者の方々が、自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、業務効率化や売り上げアップをサポートする制度です。

補助金総額

2018年の公募では、総予算500億円となっています。

昨年、2017年の予算が100億円だったため、昨年の5倍の規模での募集となっています。

1件あたりの補助率は最大額50万円となる見込みなので、より多くの事業者に気軽に補助金を使ってもらう傾向のようです。

このIT導入補助金を申請することで、ITツール購入金額の1/2の補助金が交付されます。

対象の「ITツール」とは

対象としている「ITツール」は、中小企業、小規模事業者の方々が、そのITツールを導入することによって、生産性の向上が見込まれ、一定の導入効果が得られるソフトウェア製品、クラウドサービス、ホームページ製作などです。

例えば、会計システムや顧客・在庫管理システム、ホームページ・アプリ制作サービスなどがあります。

この条件に見合っていると判断されたITツールは補助金対象となります。

現在、2018年度の1次公募期間中です!

1次公募期間

  • 2018年4月20日(金)〜2018年6月4日(月)

2次公募期間

  • 2018年6月中旬〜2018年8月上旬<予定>

3次公募期間

  • 2018年8月中旬〜2018年10月上旬<予定>

事業スケジュール

https://www.it-hojo.jp/overview/

現在、1次公募が始まっています。

昨年は1次申請の採択率はほぼ100%でした。

今年も1次申請で採択率が100%になるとは言えませんが、予算の総額が決められているため、後半の公募は倍率が上がることが考えられます。

また、申請の機会を増やすためにも、できるだけ1次公募で申請することをおすすめします。

申請のポイント

SERCURITY ACTIONの自己宣言が必須です!

IT導入補助金の申請にはSERCURITY ACTIONの自己宣言が必要です。

「SECURITY ACTION」はIPA(独立行政法人情報処理推進機構)が実施する、中小企業・小規模事業者等自らが情報セキュリティ対策に取り組むことを自己宣言する制度です。

IT導入補助金の申請には、取り組み目標に応じた「★一つ星」または「★★二つ星」のいずれかを宣言している必要があります。

SECURITY ACTIONについてはコチラからご確認いただけます。

https://www.ipa.go.jp/security/security-action/it-hojo.html

「おもてなし規格認証2018」の取得しておきましょう!

おもてなし認証2018

IT導入補助金の申請では、「おもてなし規格認証2018」(紅、金、紺、紫の認証ランクによらず)を取得することで、審査の加点となります。

認証には、紅、金、紺、紫のランクがあります。

金、紺、紫のランク認証は有償となりますが、紅認証は登録申請のみで、認証の費用はかからないため必ず取得しておくことをおすすめします。

「おもてなし規格認証2018」についてはこちらからご確認いただけます。

https://www.service-design.jp/

業務改善・売上アップにむけて、ソフトウェアやサービスをご検討中でしたら、IT導入補助金の利用も視野にいれてみてはいかがでしょうか。

引用・参考サイト

IT導入補助金平成29年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業
https://www.it-hojo.jp/

・SECURITY ACTION セキュリティ対策自己宣言
https://www.ipa.go.jp/security/security-action/it-hojo.html

・おもてなし規格認証
https://www.service-design.jp/

 

LINEで送る
Pocket