入居者コミュニケーションサービス「くらさぽコネクト」をリリースいたしました。

この度、賃貸管理会社と入居者のやりとりにおけるロスや手間を効率化する入居者コミュニケーションサービス「くらさぽコネクト」 (以下、本サービス)を2019年1月10日にリリースいたしました。

くらさぽコネクトとは

本サービスは賃貸管理会社と入居者が手間なく、そして簡単にやりとりができるコミュニケーションサービスです。 賃貸管理会社と入居者間のお知らせや問い合わせなどの情報のやり取りは主に電話やメール、ポスト投函や掲示板への貼り出しなどが挙げられます。 しかし、これらの方法でやり取りをする上で、賃貸管理会社と入居者の双方が以下のような悩みを抱えている実態があります。

「連絡が取れない」

電話が不通だった際に、賃貸管理会社と入居者の双方が何度も折返し連絡をしなければならず非常に手間な上、やり取りにストレスを感じてしまいます。

「閲覧状況が分からない」

物件の点検作業や工事のお知らせなど…お知らせの郵送や掲示物の貼り出しを行っても、賃貸管理会社は入居者が閲覧したかどうかが分かりません。

「時間・人員コストの発生」

物件ごとに掲示物の貼り出しを行ったり、入居者ごとに書類のポスト投函などを行ったりと賃貸管理会社にとって時間や人員コストのかかる作業が発生してしまいます。

「情報を再確認できない」

入居者は掲示物を見落としていたり、投函された書類を誤って捨ててしまったりした際にその情報を確認する手段がありません。

このように賃貸管理会社と入居者間のコミュニケーションには様々なお悩みがあります。
そのコミュニケーション上のお悩みを解決するためにお役立ちできるのが今回リリースいたしましたコミュニケーションサービス「くらさぽコネクト」です。

賃貸管理会社はWebサービス、入居者は専用のスマホアプリを使い双方間のやりとりをスムーズに行うことができます。
本サービスでは賃貸管理会社と入居者間のコミュニケーションにおけるロスや不便を改善し、賃貸管理会社の業務効率化だけでなく、管理の質を高めることによる入居者満足度向上が見込まれます。

さらに国内外約20万ヵ所以上の施設でご利用いただける入居者向け優待サービス「くらさぽコネクトClubOff」を、オーナー様への空室対策案のひとつとしてご活用いただけます。
入居者は専用のスマホアプリを使うことで賃貸管理会社への問い合わせやお知らせの確認、ライフライン情報の確認などがいつでも、どこでも、 好きなタイミングで手間なく簡単に行うことができるようになります。

主な特徴

  • 物件や入居者など関連する情報は貸物件総合管理システム「賃貸革命」と連動し、一元管理できます。
    契約者情報や更新情報などが「賃貸革命」と連動するため、データ入力における二度手間を防ぎつつ、データ活用の幅が広まり、管理業務効率化とサービスの質の向上に繋がります。
  • 点検・清掃・工事などのお知らせも、アプリから通知できます。
    物件単位、入居者単位など任意の入居者に対してアプリの掲示板でお知らせができます。これまで避難区域や点検・工事などにおける物件毎のお知らせの掲示やポスト投函業務で発生していた手間やロスの削減に貢献します。
  • 賃貸管理会社と入居者間の連絡が時間帯を選ばずよりスムーズ、かつ手軽にできます。
    賃貸管理会社はアプリを通じて入居者とのやり取りができるため、電話不通の際に何度もタイミングを見て折り返し連絡…といったロスを削減することができ、入居者は空いた時間を利用して手軽に連絡を返せます。
  • 空室対策として近隣物件との差別化にもなる入居者向けのコンテンツもご用意しています。
    近隣の特売情報などのお役立ち情報を入居者に提供することができます。さらに、別途オプションとして低コストで物件価値を上げることができる入居者向けの優待サービスもご用意しています。

本件でご紹介した「くらさぽコネクト」の紹介ページはコチラ▼
https://www.n-create.co.jp/pr/product/kurasapo-connect/

※本プレスリリースに記載されている内容は、発表時点のものです。
最新の情報とは内容が異なっている場合がありますので、ご了承ください。