興味はあるけどよく分からない…WEB広告って、何?

LINEで送る
Pocket

近年、インターネットの利用が広がるとともに、WEB広告の重要性も増しています。
それは不動産業界も例外ではありません。しかし、WEB広告をどのように活用していいか分からず、いまだ運用に踏み切れていない不動産会社も多いようです。

今回はWEB広告の不明点を解決できるように、WEB広告の種類や不動産会社でWEB広告を行う際のポイントについて解説します。WEB広告に興味はあるがよく分からない、費用対効果の高い集客を行いたい方はぜひ参考にしてください。

 

WEB広告の種類

WEB広告にはさまざまな種類が存在します。目的に応じて使い分け、広告を運用することで、広告の効果性を高めることが可能です。
では、どのような場合に、どのようなWEB広告が適しているのでしょうか。

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!の検索結果の上位表示される広告を指します。関連する情報を検索した人にのみ広告が表示されるため、興味関心が高い人にうまく表示でき認識してもらえやすくすることが特徴です。

リスティング広告を出す場合、検索キーワードごとに広告文を設定します。そのため、SEO対策と同様に検索順位の高いキーワード選定を入念に行うことで、より質の高い見込み客を獲得することが可能です。

また、広告配信エリアを絞ることができるため、不動産との相性も良いと考えられます。
配信エリアを絞ることができると不要なアクセスを防げます。これにより、商圏内の見込み客のみから反響を得ることができ、広告費も節約することが可能です。

バナー広告

バナー広告とは、特定のホームページの広告枠に出稿する広告です。バナー広告は期間契約のため、競合サイトに負けたせいで広告が表示されないという心配を防げる点が特徴となります。

WEBメディアには、メディアの内容に興味がない人は訪れません。反対に、物件検索サイトなどの不動産に関するメディアを訪れる人は、不動産広告の物件情報にも関心が高いため、バナー広告をクリックする可能性が上がります。

元々質の高い見込み客のみが広告をクリックするため、他の広告方法よりも問合せ率が見込める点も特徴の一つです。より高い集客効果を狙うため、画像や動画などでクリックしたくなるバナーの作成が重要になります。

SNS広告

SNS広告とは、InstagramやFacebook、LINEなどを代表としたSNSに表示する広告です。SNS広告は、最適なユーザーのみに広告を打つことができます。

以下の表は、代表的なSNS広告の特徴をまとめたものです。

Instagram 特に若年層を抱えるSNSです。画像を主体としたSNSであるため、物件の間取りや物件写真を掲載することで、高い効果を狙うことができます。さらに、タイムラインだけでなくストーリーズ投稿によって、より見込み客に認識して貰いやすくなります。
Facebook 実名登録を基本としているため、年齢や職業などユーザーの詳細が分かりやすく、より細かくターゲットを設定することが可能です。
LINE 日本国内において多くのユーザーを保有するSNSです。性別や年齢など、ユーザー情報によってターゲティングが可能です。トークリストの最上部、LINEニュース、タイムラインに広告が表示されるので見込み客に認識して貰いやすくなります。

上記のような特徴をもつSNS広告は、広告の種類や費用を細かく設定することができるため、綿密な広告運用が可能です。そのため、ターゲットがしっかり絞れており、WEB戦略に力を入れたい場合に特におすすめと言えます。

リマーケティング広告

リマーケティング広告とは、一度自社サイトを見た人にのみ継続的に出せる広告です。物件情報サイトの訪問者は、サイト内容に対して興味関心が高いと言えます。そのため、リマーケティング広告は、良質な見込み客にのみうまくアプローチすることが可能です。

サイトを一度見ただけで不動産の契約を決定する人はほとんどいません。しかし、一度サイトを訪れれば、その後はリマーケティング広告によって関係ないサイトを見ている間も広告が表示されるため、ユーザーの意識に残りやすくなります。

そのため、リマーケティング広告は、長期的に検討する不動産業には相性のいい広告形態です。さらに、ターゲットが絞られているため、費用も高くありません。広告費用をあまりかけたくない場合におすすめです。

 

不動産会社でWEB広告を行う際に押さえるべきポイント

ここまで、WEB広告の種類について詳しく解説してきました。最後は、不動産業でWEB広告を行う際に、押さえるべきポイントを紹介します。

  • ターゲットを明確にする
  • 検証・改善をしっかり行う
  • 費用対効果の改善を行う

WEB広告は、その広告を見る見込み客に合った広告を出して始めて成果を出すことができます。そのため、まずは「誰に・どのようなものを」紹介したいのかを明確にすることが大切です。できるだけ具体的にイメージすることで、的確な広告出稿が可能となります。

次に、出稿した広告がどの程度効果的だったかを、クリック数や広告出現率によって判断します。より効果性の高い広告を出せるよう、常に改善を行いましょう。

限られた広告費をうまく運用するためには、費用対効果の改善が欠かせません。より魅力的な広告文にするためにも、広告自体の修正だけでなく、広告クリック後のホームページも分かりやすく使いやすいものに改善しましょう。

 

まとめ

今回は、不動産会社の広告としておすすめなWEB広告の種類と、WEB広告を行う際のポイントを紹介しました。

WEB広告は、従来の紙媒体やテレビ、ラジオと比べてもさらに重要性を増しています。しかし、ただ闇雲に広告を打っていても効果は期待できません。取り込みたいターゲットを明確にし、目的に合わせた広告を利用することが重要です。

自社での運用に不安がある場合は、まずはWEB広告の専門家と一緒に運用してみてノウハウを得た後に自社で運用してみるのも良いかもしれません。
新しい集客方法のひとつとして今回のコラムを参考にしてみてください。

LINEで送る
Pocket