×
ホームページ
無料診断
実施中
いますぐ診断
弱点を診断して
集客力を改善!

Reasons
不動産集客に強いホームページ制作システム

効果的に集客ができる仕組みになっているので
詳しい知識がない方でも安心してご利用いただけます。

LTO対策とは、ロングテール最適化(Long Tail Optimization)対策の略で、様々なキーワードで検索するユーザーを獲得するための対策のことです。
”ロングテール:Long Tail”は、”長いしっぽ”を意味しており、例えば、「○○市 不動産」という特定のキーワードだけでなく、 「○○市 賃貸 マンション ●LDK」や「○○市○○町 ペット可 アパート」「○○マンション(物件名)」のような、 ニッチなキーワードで検索するお客様がサイトに訪れるように対策を実施します。
不動産サイトで集客するためにはLTO対策が非常に有効であり、LTO対策が施されたシステムを利用し、 特定の物件名や住みたい条件が明確に決まっている見込み度の高いお客様を獲得することが重要です。

WebManagerPro3 は、オリジナルページや特集ページなど様々なページを簡単に作ることができます。
作りたいページの種類を選択して、内容を入力するだけで新しいページができあがりますので、検索結果からの入り口となるページを手早く作ることができます。 LTO対策に非常に強い不動産ホームページですので、詳しい知識がない方でも安心してご利用いただけます。

LTO対策

お問い合わせフォームの編集も自分で簡単にできます。

EFO対策とは、エントリーフォーム最適化(Entry Form Optimization)対策の略で、お客様が問い合わせする際に情報を入力するフォームを最適化する対策のことです。
サイトを訪れてフォームまで到達したにもかかわらず、入力フォームを見て問い合わせをやめてしまうケースが多く存在します。

インターネットで買い物や予約等をする際に、「入力する項目が多すぎて、途中で入力が面倒になってしまう」「必須項目が多すぎて入力を躊躇してしまう」ことがございませんか?
不動産サイトにおいては、「住所」「氏名」「年齢」「電話番号」「メールアドレス」等、多くの項目を必須項目にして顧客情報を獲得しようとしているサイトが多く見受けられます。

このようなサイトはEFO対策を施すことで、問い合わせが増加する可能性があります。 しかし、一般的にフォームの修正にはプログラミングの知識が必要となってくるため、コストをかけて外部に委託するケースがほとんどです。

WebManagerPro3 は、簡単にEFO対策が施せるように開発されています。
新たなフォームを作成することもできますし、入力項目の必須・任意の変更、項目の追加・削除・並び替え、コメントの追加等、管理画面から簡単に設定することが可能です。 基本機能に含まれていますので、もちろん追加費用は必要ありません。

問い合わせフォームの改善は、反響数の増減に大きく影響するため、EFO対策が出来るシステムを利用することをお勧めします。

EFO対策

製品・サービスに関するお問い合わせ・資料請求はこちら
お気軽にご相談ください。

Download
無料資料ダウンロード
製品資料をいますぐ
ご覧になりたい方はこちら
Request
無料資料請求
製品資料の郵送を
ご希望の方はこちら
Contact
問い合わせ
製品やサービスに関する
ご質問・ご相談はこちら
導入についてのご相談はこちら
0120-965-458