×
ホームページ
無料診断
実施中
いますぐ診断
弱点を診断して
集客力を改善!

Reasons
ドラッグ&ドロップでホームページが完成

ホームページを作ったことがない不動産会社様でも簡単に作成できるように開発されています。

ページ編集画面では、レイアウトの変更やコンテンツ(パーツ)の追加がドラッグ&ドロップで自由自在です。各コンテンツ(パーツ)はHTMLやCSS等のホームページの作成・更新に関する知識が無くても、簡単に追加・移動・削除が可能です。

お知らせコンテンツを目立つ位置に移動したい、メイン画像をスライドにしたい、特集バナーを別の特集に入れ替えたい等、一般的にはWEB制作会社に依頼しないとできないようなことが、管理画面から簡単に実施することができます。

トップページはもちろん、会社情報・スタッフ情報・お問い合わせフォームなどのトップページ以外のページでも簡単にコンテンツの追加・編集できるので、制作会社に依頼するコストが必要ありません。ホームページのカスタマイズが手軽に行えるため、より集客できる不動産ホームページへの改善が繰り返し行えます。

簡単編集機能

競合に差をつける。

ブロックパーツ、エリアパーツは、デザイン会社に頼まなくてもお客様自身で競合に差をつけられるデザインのページが作成できるパーツです。 この機能は、レスポンシブデザインテンプレートと同時に追加された機能で、現在トレンドのワンカラムのデザインにも対応しやすく、 ホームページのデザインを手掛ける際にも更に幅が広がりました。新たに追加された機能ですので、是非使っていただきたいです。

今までは、横並びにパーツを並べる際に、1行に対して縦に1パーツずつしか設定することができなかったのですが、 ブロックパーツを実装することで、パーツの塊(ブロック)を一つのパーツとして登録できます。 これによりレスポンシブの時に、図1のように見出しと画像がスマホ表示の際に崩れてしまう事を防ぐことができます。

また、レスポンシブでない場合も配置方法が柔軟に出来ますので、簡単に作りたい人にも作りこみたい人のどちらにも対応できる機能です。 htmlが直接編集できるパーツもあるので、この2つがあればさらに細かく対応したい方にも対応できます。 エリア編集機能とは、パーツを配置するエリアを司る機能で、この機能を使うことで背景色が部分的に変更できるようになりました。 この機能を使うことでデザインがより柔軟になり、様々なデザインに挑戦できます。

通常パーツ:スマートフォンで見た場合、1パーツ毎に改行されるため見出しと画像が分裂され、表示が崩れてしまう。
※図1
ブロックパーツ:ブロックパーツを利用した場合、見出しと画像が1つのパーツとして認識されるのでスマートフォンで見た場合でも崩れずに表示される。

製品・サービスに関するお問い合わせ・資料請求はこちら
お気軽にご相談ください。

Download
無料資料ダウンロード
製品資料をいますぐ
ご覧になりたい方はこちら
Request
無料資料請求
製品資料の郵送を
ご希望の方はこちら
Contact
問い合わせ
製品やサービスに関する
ご質問・ご相談はこちら
導入についてのご相談はこちら
0120-965-458