不動産ホームページに特化した効果的な集客システムで解決!!

ロングテール最適化対策

不動産ホームページでは、トップページばかりに集める集客システムではなく、検索された様々なキーワードで関連性の高いページが表示されるように対策(ロングテール最適化対策)されたシステムによって戦略的に運用する必要があります。

WebManagerPro3はロングテール最適化対策により、ホームページ全体のアクセス数を増やす仕組みを搭載しており、効果的に集客することが可能です。

不動産ホームページのロングテール対策の詳しい知識が無くても対策できるよう、集客システムの機能として組み込まれています。
ロングテール最適化対策

簡単更新機能で
検索エンジンからの評価を上げる

不動産ホームページの集客で失敗している多くの例は、ただ作っただけ。それでは効果を感じることもなく、ホームページはうまくいかないということになってしまいます。

近年、GoogleやYahoo!等の検索エンジンは「お客様の求めている情報」があるかどうかを判断し、ただ不動産ホームページを持っているだけでは評価は上がらなくなっています。

お客様が求めていることは「情報の質・量・鮮度」です。これらを担保した不動産ホームページを運用するには非常に多くの手間が必要となるため、簡単に更新できる不動産ホームページの集客に特化したシステムが必要です。

WebManagerPro3では、専門知識が無くても最低限の操作で「情報の質・量・鮮度」を担保できる簡単更新機能が備わっています。簡単更新でお客様の求めている情報を更新でき、検索エンジンからも評価される”集客できる不動産ホームページ”を作成できます。
検索エンジンからの評価を上げる

「情報の一元化」で
時間をかけずに情報の質・量・鮮度を担保

担当者に物件情報の更新・不動産ホームページの更新・ポータルサイトの更新など、多くの労力をかけてもらっているが、手間だけかかって結果につながらないといった場合も、日本情報クリエイトの集客システムで情報の一元化を実施すれば、労力を減らし集客を増やすことが可能です。

ポータルサイト連動オプションでは、登録した物件情報を各ポータルサイトへ掲載することができます。登録した物件情報は、日本情報クリエイトが管理する物件データ連動サーバーを経由して、各ポータルサイトのフォーマットに変換され送信されます。

情報の一元化により、担当者の手間を大幅に軽減でき、削減したコストでさらに集客数を増やすことが可能です。
「情報の一元化」で時間をかけずに情報の質・量・鮮度を担保

「SSL化」でお客様に安心感・信頼感を与え
検索エンジンからの評価も上げる

WebManagerPro3は全ページSSL*に対応している不動産ホームページです。
SSL化しているサイトは、お客様の個人情報などのデータを安全にやり取りすることができるため、お客様に安心感・信頼感を与えることができます。

さらに、Googleも”SSL化しているかどうかは評価基準の一つである”と公表しているため、不動産ホームページのSSL化は必須事項となってきています。

お客様に安心・安全にサイトを閲覧してもらうだけでなく、検索エンジンの評価にもつながるため、不動産ホームページを立ち上げる際はSSLに対応しているシステムのご利用をお勧めします。

※SSLとは、インターネット上でデータを暗号化して送受信することができる仕組みのことです。
「SSL化」でお客様に安心感・信頼感を与え検索エンジンからの評価も上げる
カタログダウンロード
資料請求
出張デモ依頼
更新するたびに費用がかかる
ホームページの効果が出ているのかわからない