大森商事株式会社様

大森商事株式会社様
賃貸革命 WebManagerPro2導入事例

岡山県 岡山市の不動産仲介・売買会社、大森商事株式会社
柴山貴志氏、大岩由美氏に、日本情報クリエイトの各種製品を導入した経緯と評価について詳しく聞きました。
大森商事株式会社について
大森商事株式会社は岡山県東部(旧 西大寺市 地区)をエリアとする不動産仲介・売買の会社です。創業は50年前の1964年。宅建登録番号は14であり、岡山市内で最も古い不動産会社です。従業員数11名、管理戸数は1062件。店舗数は2店です。
西大寺エリアについて
岡山市 西大寺エリアは、市の中心部のベッドタウンとして発展している地区です。平成7年に通称「6メートル道路」が通って以来、人口が増え始めました。日本は全体に少子高齢化の傾向にありますが、西大寺エリアは人口増加を続けている地区です。
大森商事株式会社様 会社外観/西大寺エリア

「賃貸革命」、「WebManagerPro2」、「ホームページ最適化サービス」を導入

― 大森商事株式会社での、日本情報クリエイトの商品の導入状況を教えてください。
大森商事株式会社は、日本情報クリエイトの商品やサービスを使って、「賃貸管理業務の効率化」と「ホームページ集客力の強化」に取り組んでいます。具体的な導入商品は次のとおりです。
導入状況
導入時期
導入ソフト
備考
2010年12月
賃貸革命
賃貸管理ソフトウェア
2011年2月
Web支援ツール
ホームページ作成ツール
2013年1月
売買革命
売買管理ソフトウェア
2013年1月
WebManagerPro2
ホームページ作成・更新ソフトウェア
2013年4月
ホームページ最適化サービス
Web集客支援サービス
今、ホームページ集客に非常に力を入れています。3ヶ月前の2013年1月には、WebManagerPro2を使ってホームページを全面的にリニューアルしました。
ホームページは路面店2店舗につぐ、3店めの「インターネット店舗」という位置づけです。

現在のネット集客状況

― 現在の集客状況はいかがですか。
リニューアルの前後で、ホームページへの一日の訪問者数は40人から70人へ、1.7倍に伸びています。

トータルの訪問者数は約1,700人。ページを一度見ただけで帰って行く「直帰率」は25%で4人に一人ですが、一方、閲覧回数は、訪問者数の2.5倍である約4,400回です。 これは、一度、ホームページに来た人が、2回、3回と再訪していることを示しています。

現在、「岡山県 西大寺 不動産」で検索したときは、表示順位は一位です。SUUMOやHOMESを上回っての一位なので、良い状況だと思います。

注目すべきは「西大寺 中古住宅 岡山」、「土地 芥子山学区」などの細かいキーワードでのアクセスが増えていることです。 こういう語での検索は「数は少ないけれど真剣度の高いアクセスです。こうしたアクセスを確実に「落ち穂拾い」すれば、成約を伸ばしていけるでしょう。

先日、来店者200名にアンケートを取って、「大森商事株式会社をどこで知ったか」を調べてみました。
結果は「現地看板、のぼり旗を通じて」が全体の50%、紹介が25%、ホームページ経由が25%でした。
大森商事株式会社のホームページ
大森商事株式会社のホームページ
表示順位 第一位
表示順位 第一位

ネット集客の今後の見通し

― 「ホームページ経由が25%」という数字をどう思いますか。
まだ足りない。この先、もっと伸びるはずです。

西大寺地区には、岡山屈指のマンモス小学校があります。市街地のベッドタウンとして、若い世代、子育て世代の転入が相次いでいる地区です。
若い世代は、何かを検索するときはまずネットです。ネット集客はさらに強化する必要があります。

いま大森商事株式会社は西大寺エリアでは一番店です。アンケートでは、来店者数の25%が「紹介経由」ですが、これは地元のシニア世代が、 自分の子供が結婚したときなどに、「西大寺地区で住まいを探すなら、大森商事が良いよ」と言ってくれるのが大きいのです。

とりあえず足もとの数字は順調です。しかし、安心はしていられません。不穏な数字も、すでに見えています。
柴山貴志 氏

注意しなければいけない数字

― 「不穏な数字」とは具体的には?
まず管理戸数が10年前から、それほど伸びていないという事実があります。いま1062件ですが、10年前に比べて100件しか増えていません。さらに1062件の物件の8割は、築20年超です。

つまり、新築物件の管理が、ウチではなく、他の不動産会社に回っているのです。管理物件のシェア率は長期低落傾向です。

しかし、だからといって具体的に何をすれば良いのか。現地看板や紹介での集客には、これ以上の伸びを期待できません。となると、やはりインターネット集客です。

ホームページでは、すでに手応えのあるアクセス数が得られています。 今後は、日本情報クリエイトの「WebManagerPro2」と「ホームページ最適化サービス」をフル活用し、ホームページという「インターネット店舗」をさらに強化していきます。

WebMangaerPro2で達成できたこと

― これまでWebMangaer Pro2で達成できたことについて教えてください。
まず、先ほども述べたとおり、「岡山県 西大寺 不動産」というキーワードで、検索順位を一位にできました。 この一位獲得は、WebMangaerPro2の活用で、「SEOを考慮したホームページ作り」ができたことが理由です。

また、以前に比べて、ホームページの「分かりやすさ」「親しみやすさ」も大きく向上しました。

今後は、「西大寺 賃貸 ペット可」など「個別物件を指すスモールキーワード」への対応を強化する必要があります。
これについては、4月から導入するコンサルティングサービス「ホームページ最適化サービス」に期待しています。

ホームページに注力し始めた経緯

大岩由美 氏
― 大森商事株式会社がホームページ集客に注力するようになった経緯を教えてください。
初めてホームページを制作したのは2000年です。このときは、社長から「現地看板やのぼり旗以外にも集客手段が必要だ。 ホームページを作りなさい」という指示があったので、外注に依頼して作りました。
取り組みとしては割合に早かったと思います。しかし、このときのホームページは、紙の会社案内を電子化した程度の内容であり、集客増にはつながりませんでした。
その後2005年に最初のリニューアルを行い、その後、2011年に、「Web支援ツール」を導入にして2回目のリニューアル。 2013年には「WebManager Pro 2」を使って3度目のリニューアルを行いました。

「賃貸革命」を導入した経緯

― 賃貸物件管理ソフト「賃貸革命」を導入した経緯を教えてください
賃貸革命は、2010年に導入しました。当時、管理業務を担当していた社員が、2ヶ月の病気休暇をとったとき、大家さん向けの業務が滞るということがありました。
この時の経験を通じて、「人だのみ」の業務体制で、大家さんに迷惑をかけるようではいけないと反省し、それまで手作業で行っていた管理業務をシステム化することを決めました。
この時は「賃貸革命」を含む主要五社の賃貸管理ソフトを比較しました。「賃貸革命」は、他社製品より3割近く高価格でしたが、 そのぶん機能が非常に優れていたので、これを選びました。
現在は、社員全員で「賃貸革命」を活用しています。
この「賃貸革命」には、今後、「業務管理ソフト」だけでなく、ホームページ集客の後方支援システムとしての役割を果たしてくれることも期待しています。

「賃貸革命」に期待する新たな役割

― 「『賃貸革命』がホームページ集客の後方支援システムになる」とは具体的には?
今後は、ホームページ集客を進めると同時に、管理物件の数を増やしていくことも同じぐらいに重要です。いくら集客できたとしても、 お客様の要望に合う物件を持っていないことには、成約に至らないからです。

「賃貸革命」により、「1). 既存の大家さんの満足度を高める、2). 管理業務が合理化し、空き時間が増える、 3). 空いた時間を使って、新規の管理物件を得るための営業活動をする、 4). 新たに付き合いの始まった大家さんに対しても、『賃貸革命』を通じて顧客満足度を高める」、という形の好循環を実現したいと考えています。

「ホームページ最適化サービス」を採用した経緯

― 日本情報クリエイトの、「ホームページ最適化サービス」を採用した経緯を教えてください。
2012年12月に、日本情報クリエイトから、SEO対策とアクセス解析を通じてホームページへのアクセス数を増やすという、 「ホームページ最適化サービス」を取り入れませんかと提案がありました。
提案内容はよいなとは思いましたが、念のためネットで検索して、同様のSEOサービスを10社ほどリストアップし、相互比較することにしました。
しかし、今回は10社の中で「ホームページ最適化サービス」が最も低価格で、かつサービス内容が充実していました。
社長にもその旨を報告し、「ホームページ最適化サービス」の採用を決定した次第です。

説得が先か実績が先か

― 現在、ホームページ集客の強化を考えている不動産会社に、「先輩ユーザー」としてアドバイスなどあればお聞かせください。
この事例を読んでいる皆さんの中には、私と同じように、社長、あるいは先代に仕える身として、様々な施策を実施している人も多いかと思います。

そんな皆さんであれば、すでに実感しているかと思いますが、社長や先代に、いくら「ホームページが重要です」と言っても聞き入れられません。 ホームページで集客すれば、どれだけ反響があるのか、数字を示さないと、お金を出してもらえません。
私の場合は、その実績、数字を社長に提示するにあたり、日本情報クリエイトの営業担当Kさんに協力してもらいました。
日本情報クリエイトは、日本全国に多くの顧客を持っており、各地域での成功実績も豊富です。
その事例の数字を教えてもらい、それを提示することにより社長を説得することができました。
日本情報クリエイトには「情報」がたくさんあるので、営業マンを通じて、その情報を引き出して、社内の説得材料にすることをおすすめします。
先輩ユーザーからのアドバイス
※ 文中に記載されている数値など情報は、いずれも取材時点のものです。
※ 現在はWebManagerPro3を利用

大森商事株式会社 様がご利用中の商品※現在ご利用中の製品とはバージョン等が異なる場合がございます

WebManagerPro3
不動産に特化したホームページで集客数が飛躍的にUPします。豊富なテンプレートで簡単にオリジナルホームページの作成が可能です
賃貸革命
家賃の請求・督促・入金処理を一元管理し、情報処理のミス・ロスを大幅に軽減することができます
資料請求
導入事例集ダウンロード