有限会社三栄不動産 様

有限会社三栄不動産 様 / 賃貸革命の導入事例

システムを乗り換えてから月末業務がとてもラクになりました。
東京都武蔵野市 吉祥寺駅前の不動産仲介会社、有限会社三栄不動産 織茂幸子氏(写真左)、安田明美氏(写真中央)、大河内章江氏(写真右)に、賃貸革命とWebManagerProを導入した理由と経緯について詳しく聞きました。
有限会社三栄不動産について
有限会社三栄不動産は、昭和30年代に吉祥寺駅南口で開業し、以来、50年超に渡り、吉祥寺と共に歩んできた老舗の不動産会社です。管理戸数は約1200戸。従業員数 6名(役員含む)。大河内様(写真右)は創業社長のお嬢様で、現在の社長は大河内様の義兄となる染谷様です(※ 当日は不在)。大河内様は勤続40年目、安田様(写真中央)は16年目、織茂様(写真左)は8年目です。
有限会社三栄不動産 様 会社外観
吉祥寺エリアについて
東京都 多摩地区 吉祥寺駅の周辺は、住んでみたい街ランキング 5年連続 第一位(首都圏エリア)に輝く、人気ある街です。

賃貸革命とWebManagerProを9年間、活用

― 三栄不動産では賃貸革命など日本情報クリエイトの製品をどう活用していますか
(大河内様):三栄不動産では、2007年から賃貸革命とWebManagerProを使っています。賃貸革命は、私と、安田さん、織茂さんの3人で分担して使っています。WebManagerProでのホームページ制作・更新は、若手の織茂さんにお願いしています。
日本情報クリエイトの製品活用について

「業務システムは今回の賃貸革命で三代目です」

― 賃貸革命を導入することになった経緯を教えてください
(大河内様):ウチは社長が、「新しいことに取り組んでいこう」という気質なので、システム化は、パソコンがブームになる前、それこそバブル直後から始めていました。社内システムは今の賃貸革命でもう三代目です。

最初に入れたのが、30数年前のオフコン。それだと不便だというので、20年前、1990年頃に入れたのが、三栄不動産向けに手作りしてもらった業務システム。でも、これも最初は便利だったんですけど、時代が変わって業務が変わると、それに追いつけなくなってしまいました。そんな時に、社長が目をつけて買ったのが賃貸革命です。カスタマイズの融通が利くから良いと言っていました。
― 大河内様や安田様はシステムの選定には参加したのですか
(大河内様)いいえ、全然。私も、安田さんも、パソコンのことは全然分かりませんから。ウチは何でも社長がトップダウンで決めるんです。
大河内様

賃貸革命とWebManagerProとの連動で、季節ごとの更新も思いのままに

― 安田様に質問です。それまで使っていた業務システムをやめて賃貸革命に替えるという決定を聞いたときにどう思いましたか
(安田様):賃貸革命を使うと決まったとき、やっと業務システムの操作方法を覚えたばかりの頃だったので、システムが替わると聞いたときは、「せっかく覚えたのに、また変更…」と、少しがっかりしました。でも会社が決めたことだから、早く覚えなければと気を取り直しました。
「あ、これだったら何とかなりそう。怖がらなくていいかも」と思いました。
導入前に、日本情報クリエイトの社員の方がいらして、操作方法を教えてくださいました。その時は、「ここを押すとこうなる」、「新規のときはここを押す」、「更新なら、ここにチェックを」のように、本当に基本的な操作法だけを暗記しました。

それからは日々、実際に仕事をする中で、細かい操作方法を少しずつ覚えていきます。途中、分からないことが出てきたら、日本情報クリエイトのサポートに電話をして質問しました。みなさんいつも親切に教えてくださって助かりました。

(大河内様):みなさん、対応が優しくて、ソフトでいい感じですよね。私は今まで問い合わせをして嫌な感じを受けたことはありません。
安田様

「月末の業務がとてもラクになりました」

― 賃貸革命に変えて、以前より良くなったと思う点を教えてください
(安田様):個人的にラクになったと思うのは、
「振り込みがあったときに、それが、どの契約者からの振り込みなのか、すぐ分かるようになったこと」
「月末の締めをやる必要がなくなったこと」
です。

特に「月末の締めがなくなったこと」がすごく良いです。以前のシステムは、月に一回、必ず締めて集計する必要がありました。その操作はとても複雑で、私や大河内さんではできず、システムに詳しい男性社員に頼っていました(※)。

ところが賃貸革命では、そもそも締めをやる必要がありません。月末の忙しい時期でも、次々に舞い込む作業を、締めを待たずにテキパキこなせるので、大助かりです。

「契約書の手書き修正から解放されました!」

― 2012年には賃貸革命V7R2にバージョンアップしていただきました。バージョンアップして良くなったと思うのはどの点ですか
(織茂様):新バージョンでは、支払期日の変更など、契約書の「ちょっとした修正」が可能になりました。これはもう本当にラクになりました。

ウチの賃貸契約書類には、「家賃は28日までにお支払いください」という主旨の文言が書いてあります。個人のお客様にはこれで良いのですが、法人のお客様の場合、「弊社の支払いは月末なので、契約書を書き直してください」と言われることがあります。

こちらとしては、「契約書には28日と書いてありますけれど、別に支払いは月末でかまいませんから」と対応したいのですが、やはり法人のお客様の場合は、契約書の変更を求めてきます。

以前は、「28日」の箇所に取り消し線を引いて「月末」と書き直し、その横に「参字抹消。弐字追加」と書き添えた上で、訂正の角印を押していました。この赤字修正は、時には数カ所に及ぶこともあり、本当に手間のかかる作業でした。

でも賃貸革命V7R2からは、契約書の修正が、ワープロ感覚で気軽に行えます。もう赤入れと角印の繰り返し作業から解放されます。この機能には本当に感謝です。
織茂様
契約書の手書き修正から解放されました

「賃貸革命、いいと思います」

― WebManagerProを使ってみての感想をお聞かせください
(織茂様): WebManagerProは自社ホームページの更新と管理に使っています。更新はやりやすいですし、バックアップも簡単にとれます。操作方法が分からないときでも、日本情報クリエイトに遠隔操作のサポートを頼めば解決できるから便利です。
― いま賃貸革命の導入を検討している不動産会社に、ある種の先輩ユーザーとしてアドバイスなどあればお聞かせください
(安田様):私もそうでしたが、現場で働いている人間は、いま慣れている方法を変えたくないので、システムの変更をあまり好みません。

でも賃貸革命は、悪いシステムじゃないですし、いったん覚えると、色々な作業が効率化します。もちろん業務の進め方や帳票の形は会社ごとに様々だとは思いますが、たいていのことは賃貸革命で何とかなりますし、自分たちに合っていない部分は頼めば手直し(カスタマイズ)してもらえますので、私はこのシステムは導入して損はないと思います。
有限会社三栄不動産 様 自社ホームページ
有限会社三栄不動産のホームページ
※ 文中に記載されている数値など情報は、いずれも取材時点のものです。

有限会社三栄不動産 様がご利用中の商品※現在ご利用中の製品とはバージョン等が異なる場合がございます

賃貸革命
家賃の請求・督促・入金処理を一元管理し、情報処理のミス・ロスを大幅に軽減することができます
WebManagerPro3
不動産に特化したホームページで集客数が飛躍的にUPします。豊富なテンプレートで簡単にオリジナルホームページの作成が可能です。
資料請求
導入事例集ダウンロード